EPA-style通信

健康のカギは「青魚」

青魚青魚は身体の表面が青い魚を指し、イワシ、アジ、サバ、サンマなどが代表格です。
青魚は海面近くを集団で遊泳するという性質を持っています。止まると死んでしまうので、泳ぎ続けるために大量の酸素(ヘモグロビン)を筋肉に蓄え、身が赤くなります。カレイやヒラメ、タラなどはそれほど動き回らないので、酸素を蓄えなくてもよく、身が白くなるといわれています。

ほかの魚も健康にはいいでしょうが、注目すべきなのは青魚です。
青魚にはEPA系の脂肪酸が含まれています。

EPA系の脂肪は「良性脂肪」です。心臓や循環器、脳、皮膚などの重要な器官や組織にとって必要な脂肪であり、悪玉コレステロールを減少させる作用もあります。血圧を下げ、動脈硬化を予防する効果が期待されています。

不飽和脂肪酸にはいくつか種類があります。
不飽和脂肪酸のうち、多価不飽和脂肪酸は体内で合成できず、必須脂肪酸のため、食べ物などから取り入れるしかありません。
このうち、強くおすすめするのはEPA系です。EPA系には、亜麻仁油、シソ油、α-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。
このEPAをたくさん含むのが、青魚です。正確に言うと、青魚のエサであるオキアミやプランクトンに多く含まれているので、それを食べる青魚にもEPAがたくさん含まれるというプロセスがあります。

さらに、青魚にはDHAも含まれているのも見逃せません。DHAは脳の記憶力や学習力を高め、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用もあります。EPA同様、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞を予防するほか、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンも予防するといわれています。
健康のカギは青魚が握っているといっても過言ではないでしよう。

ウナギさて、青魚と並んで、ウナギにもEPAとDHAは多く含まれています
今年の土用の丑の日は7月25日と8月6日。高値が続くウナギですが、今年は稚魚の漁獲量が増え、成長して市場に出る7月ごろには価格が下がりそうだとの朗報が聞こえてきました。
久々にウナギを楽しめる年になるかもしれませんね。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加