子供の健康体質づくり

子供の成長とEPA

EPAは脳血流を増やすことが実験で確かめられています。また、EPAは体内で一部がDHAに変換され、このDHAが記憶学習能力を高めることが知られています。子供の身体を大きくするためには肉食が必要ですが、子供の知的能力を高めるためには、魚食が必要なのです。さらに将来の健康のことを考えると、EPAを投与することには大きな価値があるのです。

EPAやDHAをとって脳の機能を活性化することは、じつは子どもの背を伸ばすのにも役立ちます。というのも、成長ホルモンは脳内にある下垂体から分泌されるからです。したがって、肉とともに魚もしっかり食べるのが、子どもの総合的成長にはより有効といえます。魚介類の中でも、とくにDHAが豊富なのがイカです。イカに含まれる脂肪酸の38パーセントがDHAで、これはあらゆる食品の中でも極めて高い数値です。「脂ののった魚」として名高いサバでも18パーセントですから、いかにイカがDHAを多く含む食品として優れているかわかるでしょう。

イカは優良なタンパク源でもありますから、身体の発育にとっても、非常に好ましい食品です。
「子どもの成長のためには、何を食べさせればいいのだろう?」
そう迷ったら、イカを食べさせてください。

とはいえ、イカの嫌いな子に無理に食べさせようとすると、食欲不振を招いて逆効果になります。イカや魚の嫌いな子どもにはサプリメントを利用するのが賢いやり方です。

EPA濃度の高い「メディカルサロンのEPA&DHA」は体内でEPAの役割を果たしたら、今度はDHAに変換されて、脳の成長にも役立つのです。EPA・DHAの含有濃度の高いサプリメントを選んで効率よく補いましょう。

子供の頭をよくするために

医学的研究の結果、子供の知能は遺伝の影響が大きいと断定されています。しかし、学業成績は、遺伝による知能以上に、環境と努力、そして栄養素の影響が大きいと言われています。ここでいう栄養素とは、日ごろの食生活で摂取する栄養素のうち、当たり前のように摂取する炭水化物、タンパク質、脂質といった三大栄養素以外に摂取している、身体に影響を与える栄養素のことです。

確かに、人生の成功不成功、健康不健康は、遺伝、努力、運、そして栄養素で決まっているように思います。

学業成績を高める栄養素としては、EPA、DHA、イチョウ葉(フラボノイド)、テアニンが知られています。

青魚成分のEPAは、脳内血流を高めて、脳の活動性向上、脳内疲労の緩和に役立ちます。また、子供の将来を見据えての健康体質づくりに重要です。「子供のころに漁村に住んでいて、水揚げされた魚のうち売り物にならないものが配られて、毎日食べていた」という大人は、暴飲暴食が続いても、心筋梗塞、脳梗塞を予防できるEPA体質を維持できています。

青魚成分のDHAが、記憶学習能力を高めるのは、すでに周知の事実です。食品ではイカに多く含まれています。確かに、一流大学の学生は、子供のころから、イカをよく食べていた人が多いように思います。

イチョウ葉成分のフラボノイド、ギンコライドは、脳細胞の記憶の原点であるシナプス反応の定着力を高め、一瞬の記憶力である「記銘力」を「記憶力」へと高めます。診療現場では、高齢者の認知症治療(欧米では処方せん医薬品にもなっています)に用いられていますが、子供に使うと、記憶系の科目の成績が上がります。

そして、脳細胞を正確に機能させるには、冷静沈着さが必要です。冷静沈着さは、脳の視床下部の安定によってもたらされます。この部位に作用する医薬品はたくさんありますが、子供に安心して利用できるのは、医薬品ではなく、栄養素である「テアニン」です。これは、「わび、さび」の世界を演出する緑茶の栄養成分です。

メディカルサロンでは、EPA&DHAの市販中最高濃度のサプリメントを提供しています。また、「イチョウ葉&テアニン」のサプリメントは、子供に記憶力が高まったという実感を与えるようで、子供が大喜びしています。
関心ある方は、こちらからメールでご相談ください。

お医者さんが教える「わが子の脳発育と学業成績向上の秘訣」

お医者さんが教える「わが子の脳発育と学業成績向上の秘訣」

子育て両親が知らなければ、絶対に後悔する必読のエッセンス
~進化した脳科学と風本真吾の体験談から~

「わが子の脳発育と学業成績向上の秘訣」詳しくはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加